出会いがない社会人におススメの場所選び

まずは友達に誰かを紹介してもらう方法です。この出会い方は最も王道の出会い方法であり、昔からずっと定番になっています。具体的な方法としてもいたってシンプルで、友達と会ったときに「最近いい出会いがなくて、もし誰かいい人いたら紹介してくれない」と頼むだけです。たったこれだけなので、社会人が出会いを作るのにもってこいの方法です。実際に恋愛アンケートで「今の恋人と出会ったきっかけは何ですか」という質問に対して、「友達の紹介」という答えは上位を占めています。会社でも仕事のツテやオファーを人脈に頼ることが往々にしてあります。それと同じように、婚活も恋愛も人脈を頼って異性を紹介してもらうのは、最も一般的な方法になっています。異性を紹介してもらうコツは、久しぶりに会った友人よりも、よく会う友達や古くからの友人のほうが頼みやすいでしょう。久しぶりに会ったのに、「ところで誰か紹介して!」ではいくら友達と言えども抵抗があります。もし久しぶりに会った友人に異性を紹介してもらうなら、何度か会ってから頼むようにしましょう。また、友人に異性を紹介してもらう場合は、紹介してもらった人に対して誠実・真面目に対応しなければなりません。会ってから好みではなかったらから音信不通、では友人に対しても失礼です。とはいえ、「会ってみたらちょっと違うかも」ということもあり得ます。これはお互いの相性や、価値観の違いなどもあるので仕方のないことです。もし会ってみて好みではなかった場合はなるべく傷つけないよう、やんわりフェードアウトしていくようにして下さい。少しずつ連絡を取る頻度を減らしていくとか、デートをする間隔を空けていくようにして、何となく察してもらうのがいいでしょう。また、直接友達に紹介してもらうというわけではありませんが、結婚式の二次会も新郎と新婦の友人が集まりやすいので、出会いのチャンスになります。狙い目は二次会が始まる前・歓談時・二次会が終わった後の、がやがやした感じのときのほうが話しかけやすくなります。二次会では席が決められていたり、新郎側・新婦側のグループに分けられていることがほとんどなので、実際に話しかけるチャンスが限られています。しかし、まったく話す機会がないというわけではありません。たとえば、新婦側の人に話しかける場合は「今日の参加人数多いですよね、◯◯の新婦さんはどんな感じの人なんですか?」、高砂に近い席の人に話しかける場合は「すみません、このカメラで新郎新婦と写真撮ってもらえませんか?」という感じで、話すきっかけを作っていきます。他にも受付や司会をしていて声をかけられたということもあります。あとは2人が出会ったきっかけなど、新郎と新婦の共通点などについて話していけば会話を続けていくことができます。婚活するならFacebookアプリランキングがおすすめ♪