いい時代して失業の窮乏

販売をやめて、フリーターライフスタイル。気がつけばフリーターライフスタイルが長引いてきた。これまでの販売では満載嫌な目線にあってきたので、本心絡みたくない。けどライフスタイルのために稼いでいかなければならないのは承知の上だが、正直、父母のすねをかじって生きている。
現在は、アフィリエイトブログで生活を立てようとしているのだが、定年退職した父母のすねかじりをしてるなんて、もちろん、インターネットブログ上ではそんなこと恥ずかしくて書けやしない。
アフィリも、いつかはそれなりの年俸にはなるかもしれないが、最初のうちは私にならないのが常連で、蓄積も少しずつ減っている。
そこでクラウドソーシングをしているのだが、よほど特殊な技法がない以上、割合合わない。気軽なことをかき集めてもいくらにもならない。そう、砂金を集めるような感覚だろうか。
家におけるのはある意味桁外れ。ただし同時に肩身がとても狭いのも過去です。そんな無理生活だけど、どうせ性格はいつかは死ぬのだし、やりたいことやって死んだほうが悔いが残らない。
なぜなら、如何なる性格も、無職だろうが王侯貴族だろうが、死んでしまったら灰になるのだ。死んでしまったら究極の平等に生まれ変われるのだから、ああだこうだと悩まないほうが、むしろ健康にいいのだという。銀行カードローンの審査甘いってホント?